Googleストリートビュー屋内版とは

Google Street View(グーグルストリートビュー)を利用したことがありますか?

Google社が提供するGoogle Mapで道路を実際に歩いているかのようにバーチャルで体験することができるサービスです。

Google Mapでは世界中の地図を見ることができますが、ストリートビューを利用すると、地図だけではなく、実際の道路や施設の様子を写真で見ることができます。

右下のヒトのカタチをしたアイコンを見たい場所にドラッグすると、実際の道路や施設の写真が表示されます。

施設ならマウスをドラッグしながら移動させると、360°どの方向を見ることができます。

それを屋内でも可能にしたのが、グーグルストリートビュー屋内版です。

Google Street View屋内版の例

ここでは、既にグーグルストリートビュー屋内版を導入しているお店を参考に紹介したいと思います。

例えば、福岡・天神の中心地にあるレコード屋「TICRO MARKET」。

Googleで「TICRO MARKET」と検索してみると、左側に検索結果が表示されますが、右側には写真付きでお店の情報が表示されます。

写真が3枚表示されていますが、その中のひとつに、「中を見る」という文字があります。

これをクリックすると、なんとお店の中の様子を360°見渡すことができます

ストリートビューは道路やお店の外しか見れないと思っている人も多いですが、実はお店の中の様子も見ることができるのです。

このお店の中を360°撮影してアップするには、Google認定のカメラマンにお願いしないといけません。

Google認定カメラマンは、こちらから県別で検索して確認することができます。

Google認定フォトグラファーリスト

撮影とGoogleにアップする作業のセット料金の相場としては、小さい店舗だと4万円〜6万円、大きな学校や病院などになると、8万円〜10万円以上といった料金体系となります。

グーグルストリートビュー屋内版を導入するメリット

口コミサイトやポータルサイト、情報誌などの集客方法にはない“臨場感”という強み。

ユーザーのお店選びで失敗したくないに答えるツールです。

事前に清潔感・雰囲気・席の配置・広さ・設備などをまるでその場にいるかのようにバーチャルツアーで体感することで来店率を向上させます。

  • 医療機関・介護事業所の場合
    医療機関等で特に大切なことは自分の体を安心して預けられるかです。そのために利用者は清潔感や設備や雰囲気を様々な媒体や口コミで知ります。
    インドアビューでは事前にそれらの情報を視覚的に提供でき安心して来院して頂くことができます。

 

  • 美容室・サロンの場合
    美容関連の集客ツールはウェブ上にいくつもあります。
    それらとインドアビューを組み合わせることでさらなる相乗効果に期待できます。
    撮影した360°写真はHP・SNSなどに埋め込み可能ですのでタイムリーにユーザーに店舗の内観・設備などを届けることが出来ます。

 

  • ホテル・旅館・スパ施設の場合
    始めて泊まるホテルや旅館などを選ぶ際ユーザーは立地や料金以上に内観の清潔感や広さを重要視する傾向にあります。
    ツアーサイトなどのポータルサイトやHPに載せている館内の写真はスマホで閲覧する際、一枚一枚表示するには手間がかかっていました。
    インドアビューでは直観的に操作できユーザーの探す手間を省かせそのまま予約まで繋げます。

 

それでは、料金を支払ってグーグルストリートビュー屋内版を導入するメリットは果たしてあるのでしょうか?

Googleの調査では、ビジネス情報がテキストのみで書かれている場合と比べて、写真とGoogleストリートビューを公開していると予約数が2倍に増える、という調査結果がでています。

お店を訪問する前に、Googleで検索して、店内を見て安心したお客さんは、訪問しやすくなります。

 

九州のGoogle Street View屋内版の撮影はスペリエイト360へ

まずはお気軽にお問合わせ下さい。

問い合わせる

The following two tabs change content below.
スペリエイト360 福岡オフィス代表 Googleストリートビュー屋内版の撮影を通して、店舗集客を応援します。 店内パノラマ写真の撮影の他、プロモーションビデオの制作、動画編集なども手がけています。

関連記事一覧

カテゴリー

Facebook

PAGE TOP