美容室、理容室、ヘアサロンで効果的な集客ツールは?!

こんにちは、スペリエイト360の田中です。

ありがたいことに、昨今、ヘアサロンオーナー様から、お仕事の依頼をいただくことが増えてきました。

Googleストリートビュー屋内版の撮影と、お店のプロモーションビデオ制作をメインに活動しておりますが、ただ単に撮影して、ネット上にアップして終わりではなく、それらを活用して集客に活かして頂きたい、それをきっかけに、集客で効果をだして頂きたい、という想いを込めてお仕事をさせて頂いております。

そこで、ヘアサロンオーナー様へ集客に関する役立つ情報をご提供したいと思い、集客に役立つツールをまとめてみました。

参考になりますと幸いです。

ホットペッパービューティー

https://beauty.hotpepper.jp/

これまで撮影させて頂いたオーナー様、知り合いのヘアサロンオーナーからよく聞くワードが、このホットペッパー。

広告費を払って、これまで認知されていなかったターゲットに向けてお店を紹介するというもの。

以前は紙の媒体でも効果があったみたいですが、今はネットが主流。

ある美容室のオーナーは、
「ホットペッパーはたしかに効果がある。ただ料金が安くなっているから来る、というお客さんが多いので、効果は1回きりの場合がほとんど。1ヶ月に支払う広告費よりかは売上の方が大きいが、1度来店して2度目がないというお客さんが多いので、いかにリピーター客になってもらうかを考えるのが課題。」とのこと。

リピーター客育成ツールとして効果が見込める、LINE@については後でご紹介します。

Instagram

https://www.instagram.com/

若い世代は、Googleで検索せずに、Instagramで検索する人が増えているとか。

自分のお気入りの髪型にカットしてくれそうな美容室をインスタグラムで探して、お店を予約する人もいるようです。

美容室のスタッフの方に、

「お客さんをカットして、終わった後に撮影させてもらっているのですか?」と聞くと、「そういう場合もあるけど、モデルさんにカットモデルとして来店してもらって、カット後に撮影させてもらってます。」とおっしゃっていました。

Instagramに載せる代表作は、モデルさんにお願いしてしっかりと撮影しているみたいです。

広告費として数万円払うのと比べれば、モデルさんに依頼するモデル料はだいぶ格安でお願いできます。

中にはモデルになりたい、写真を撮って欲しいという想いが強い人もいるみたいで、1000円などの格安でOKなモデルさんや、カット料、カラー料金などを無料にする代わりに、タダで撮影させてもらえることもあるみたいです。

Instagramに画像をアップする場合は、ヘアサロンに人気のハッシュタグをたくさんつけることをお忘れなく。

Instagramの1枚の画像につけられるハッシュタグの数は、最高30までつけることができます。

英語なら、
#hairsalon #haircut #cutmodel #haircolor

日本語なら、
#美容室 #理容室 #ヘアサロン #モデル #カットモデル

などのハッシュタグをつけて投稿すると良いでしょう。

時間がないオーナー様は、Hash365などの自動で投稿してくれる有料のソフトを検討しても良いでしょう。

ちなみに私のInstagramはこちら(travel_tanaka)

Instagramはけっこう使っている方なので、使い方等で分からないことがあれば気軽にご質問下さい。

LINE@

http://at.line.me/jp/

リピーターのお客様を増やすのに効果的と言われています。

しかし活用しきれている人む少ないようです。

実は私も以前、LINE@に登録したことがあるのですが(トラベルブロガー時代)、使い道がわからずまったく使わなくなりました。

しかし店舗ビジネスオーナーの目線で見ると、クーポン券が発券できたり、お店情報をお客様に届けることができるため、情報発信ツール、集客ツールとしてはかなり有効的です。

LINE@に登録してくれている人のみ対象の料金プランや、クーポン券を発券して、リピーターになってもらうこともできるので、活用してみてはいかがでしょうか。

ホームページ

Facebook、InstagramなどのSNSは情報を発信するのには向いていますが、タイムライン上で流れてはすぐに消えていきます。その点、ホームページを持っていれば、情報を蓄積していけるため、ネット上における拠点としていろいろ活用することができます。

現在は様々な無料のホームページ制作ツールがでていますが、やはり事業としてやっているのであれば、有料のホームページ制作ツールを利用するべきです。

無料のHP制作ツールの代表である、JimdoやWix、ブログの代表であるアメブロなどは無料の代わりに企業の広告が入ってしまいます。ペライチなどのHP制作ツールは、綺麗にデザインできるので見た目はいいのですが、SEO対策のことを考えると弱いです。

かと言って、業者に初期費用30万円とか月々3万円とかの更新料を支払う時代でもありません。

ワードプレスの有料テーマ代とレンタルサーバー代、そしてドメイン代(https://○○.comの○○の部分。)さえ支払えばOKです。

もう一度言います。

  1. ワードプレス (https://ja.wordpress.org/
  2. レンタルサーバー代 (オススメは、エックスサーバー https://www.xserver.ne.jp/
  3. ドメイン代 (オススメは、お名前.com https://www.onamae.com/

この3つがあれば十分です。

ドメインは、いわゆるネット上の住所にあたります。

店舗に住所があるのと同様に、ネット上にお店の住所を持っておくことは重要となります。

ちなみに、いまご覧いただいている、スペリエイト360のホームページは、ワードプレスで作成しています。

利用しているテーマは、TCDが提供しているORIONというテーマ。

HTMLやCSS(ホームページ制作に必要なプログラミングの専門用語)が理解できていなくても、効果がでるかっこいいホームページを作成することができるのが、ワードプレスの凄いところ。

また、Googleの中の人が、「ワードプレスを使うことによって、ほとんどのSEO対策をしてくれるだろう」と述べています。

そのTCDから、つい先日、ヘアサロンに特化したワードプレスのテーマが発表されました。

http://design-plus1.com/tcd-w/2017/12/beauty-marketing.html

ワードプレスは慣れるまでが大変ですが、慣れてしまえば、月々1000円のサーバー代でホームページを運用することができます。

昨今は、ホームページがあるだけでは効果が低く、読者に役立つ情報をブログなどの手段で日々発信したり、Google検索でヒットするようにキーワードを選定したりすることが大切にもなってきています。

最初の作成が大変であれば、最初だけ詳しい人か業者にお願いして、あとはご自身で運用するのがベターです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ご自身の店舗集客に役立ちそうなツールは見つかりましたでしょうか。

集客ツールはそれぞれの店舗との相性がありますし、SNS活用は流行りの時期による効果もちがってくるので、一概にこれが一番!とは言えません。

トライ&エラーで一番効果的なものを見つけていっていただければ幸いです。

※他の集客ツールに関しては、徐々に追記していきたいと思います。ではまたお会いしましょう。

The following two tabs change content below.
スペリエイト360 福岡オフィス代表 Googleストリートビュー屋内版の撮影を通して、店舗集客を応援します。 店内パノラマ写真の撮影の他、プロモーションビデオの制作、動画編集なども手がけています。

関連記事一覧

カテゴリー

Facebook

PAGE TOP